手軽な水

ウォーターサーバーのサイズは?

ウォーターサーバーの床置き型サイズは幅が310mm〜340mm、奥行きが310mm〜420mm、高さが880mm〜1400mmまでと子供の身長よりも大きいのが揃えられています。
ウォーターサーバーの床置き型サイズで一番大きいのは幅が350mm、奥行きが450mm、高さが1400mmのもので、小さいのは幅が310mm、奥行きが360mm、高さが880mmのものであるといってもいいでしょう。
幅、奥行き、高さがぴったりと当てはまるウォーターサーバーは難しいといってもいいでしょう。

また水の種類やデザインなどの方に重点を置いてしまいますので、いざ置こうとしたら入らないということになっては設置に来た人も困ってしまい、結局自分でしなくてはならなくなってしまいます。
きちんと置けるだけのスペースも考えて選ぶようにしなければいけません。
必ずメーカーに全ての大きさが書いてありますので、設置する場所を考えてきちんと場所に入ることを確認してから契約しましょう。
例え0.5mmの狂いであったとしても入りませんので、確認をしっかりとしてスムーズに設置できるようにしましょう。

ウォーターサーバーの卓上型サイズは幅が270mm〜340mm、奥行きが260mm〜420mm、高さが500mm〜820mmと幅や奥行きはそれほどに変わらずに高さがテーブルや棚におけるサイズになっているようです。
ウォーターサーバーの卓上型サイズで一番大きいのは幅が350mm、奥行きが340mm、高さが820mmで、小さいのは幅が320mm、奥行きが350mm、高さが360mmのものか、幅が265mm、奥行きが265mm、高さが490mmのどちらかは置き場所によって変わるといってもいいでしょう。

卓上タイプのウォーターサーバーは全体的にスリムで高さをとるか、ほとんど床置き型サイズと変わらない幅や奥行きで高さだけが低いタイプに分かれます。
置き場所を考えて設置できるかを測り、使いやすい種類を選びましょう。
ウォーターサーバーの機能はいつでも冷水と温水が出るということなので、小さいお子さんがいる家庭ではお子さんがいたずらできないように、少し高めに設置しておいた方が良いかもしれません。
ミネラルウォーターの品名表示には種類があるそうなので、よく調べてみましょう。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.