手軽な水

ボトルを業者に返すとどんなデメリットがあるの?

ウォーターサーバーのリターナブルボトルまたはガロンボトルは業者が回収するのですが、回収されるまでの間、保管しておかなくてはいけません。
しかもだいたいが12リットルサイズのボトルでかなりの場所をとります。
ミネラルウォーターが入っている状態であったならばそんなことは感じないのですが、空になると場所を取ると考えてしまいます。

そんなボトルを返すことのデメリットといえば、業者による洗浄状況にあるといえます。
勿論、業者はきちんと洗浄しますし、機械や薬品などを使って綺麗に殺菌します。
しかしそれが使用しているポリカボネート樹脂にとってはどのような影響を与えてしまうのかが不安要素とされています。
熱に弱いそうですので、乾かす時に熱などをあてて乾かしていないことを願います。

また前回誰が使っていたのか分からないというのも潔癖症な人にとっては大きな問題といえます。
そのために使いきりタイプのワンウェイボトルが生まれ、多くのウォーターサーバーがそちらを利用するようになったと言われています。

何よりも回収は業者の日程で行います。
そのために家に昼間いない社会人などにとってはなかなか返すことが出来ずに、日に日に汚れなどがこびりついてしまいます。
カビなどが生えてしまったら最悪と言ってもいいので洗って保存しておきたいのですが、どのように業者が洗浄するのか分からなければ業者の方もどう対応していいのか困る可能性があります。

そこでボトルの回収日にいられない時には電話などで保存の方法を聞いておきましょう。
本当ならば玄関の外に置いておきたいところなのですが、次に使う人のことを考えると不用意なこともできません。
このボトル回収のエコは全く同じ用途として使われますので、せっかくならば気持ちよく使ってもらいたいし、自分の気持ちよく使えるものに新たな水が入っていることの方が嬉しいでしょう。

思いやりの心で気持ちのよいエコを心がけてみませんか。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.