手軽な水

冷水も温水もウォーターサーバー1つで作成できる

ウォーターサーバーの魅力のひとつに冷水と温水の両方が常備されていて、そのままボタンひとつでどちらでも出せます。
ほとんどのウォーターサーバーにおいて常時5〜8℃の冷水と、80〜90℃の温水が出せるのです。
特に赤ちゃんのミルク作りに最適だと言われています。

選ぶミネラルウォーターは軟水のミネラル成分の少ないピュアウォーターがお勧めで、温水と冷水を混ぜ合わせて作ったミルクはすぐに飲みやすい温度のものが出来上がり、夜中でも簡単に用意することができます。
お腹がすいてなく赤ちゃんに待たせることなく、ミルクがあげられるのです。
また急な来客でも冷たい飲み物も温かい飲み物も簡単に美味しく用意できるのはウォーターサーバーの強みでもあるでしょう。

またウォーターサーバーを使って飲み物を作るようになった人の多くがその美味しさに驚いたと言います。
今まで何もしていない水やお湯で作った飲み物とウォーターサーバーによって作られた飲み物はまったく味が違うのだそうです。
水道水によって味が変わるのは普通に飲む水だけではないというわけです。

ウォーターサーバーで作られたカップ麺は美味しいそうです。
コメント欄に真剣に書かれているコメントですので、試してみましょう。
やはり出汁の味がよくでるということなのでしょうか。

ミネラルウォーターを飲みたいのに何故、温水機能があるのだろう。
温かいミネラルウォーターなんて飲む気がしないというのは当然です。

温水機能はミネラルウォーターとして飲むためにあるのではありません。
お茶やコーヒーや紅茶、はたまたカップ麺やインスタントの味噌汁やスープ、料理に使うことによって、ガス代を節約するだけでなく、美味しいミネラルが含まれた煮物などができあがるのです。
飲み物にも食べ物にも多く利用できるからこそウォーターサーバーには、冷水と温水の両方の機能が付いており、それぞれにミネラルウォーターの魅力を活かせるようにしているといってよいでしょう。
本体をレンタルしていると、専門の業者が定期的にメンテナンスを行ってくれますので、いつでも快適に使用することができると言われています。
このメンテナンスは一体どのようなことを行ってくれるのでしょうか。
気になりますよね。
http://www.newedgewater.com/maintenance.htmlにメンテナンス方法が詳しく解説されています。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.