手軽な水

ウォーターサーバーはどのくらい認知があるの?

ウォーターサーバーは海外では当たり前ですが、日本における認知度は一般的な家電とまではいきません。
TVドラマの中にあったり、CMなどでも宣伝はしていますが、何処で知ったのかというアンケートにおける答えではインターネットが多かったほどです。

現在の宅配水が注目されるようになったのは1983年に販売され大ヒットした「六甲のおいしい水」がきっかけでした。
当初はあまり興味を持たれなかったのですが、翌年の記録的な暑さにより一変して、美味しい水を買う時代に入ってきました。
海外からの水も入ってきて硬水も飲まれるようになり、日本においても水を買うということが当たり前になってきたのです。

さらに記録的な暑さや地震などの自然災害において水の大切さが重要視されるようになり、家庭内におけるウォーターサーバーにも注目が集まってきました。
また使用することを決めるまでには実際に使っているお宅があることをしればお宅訪問までさせてもらって検討したという人もいます。
知人に勧められたという人はインターネットで知ったという人に次いで多い結果もでていますが、意外と身近にいなくてどのようなものがいいのかをインターネットに質問したりしている人も多いようです。

やはり日本人はまだ水を買うという意識が低いようです。
ウォーターサーバーを知っているかと尋ねたら知っているという人は多くいます。
しかし家にあるのかという問いには家に置けるものとは知らなかったという認識の人もいるのです。
ウォーターサーバーは公共施設や病院、会社にあるもので個人が所有するとまでは考えていない人が多くいました。

またレンタルしようと考えたきっかけは結婚や妊娠、子供のためなどというように胎児にいいと聞いたからという人が意外に多い結果となっています。
少し前までは水を買うのが考えられなかったのが今では当たり前になったように、やがてはウォーターサーバーも家電の中の当たり前になる時がくるのでしょう。
レンタルウォーターサーバーのメリットは水を宅配してもらえるため、自分で買いにいかないで済む点といつでも冷たい水と熱いお湯が使える点でしょう。
買い物の際、大量の水を買うとなるととても重くて大変ですよね。
その手間をレンタルウォーターサーバーが省いてくれるのです。
ウォーターサーバーを取り扱うメーカーによってサービス内容が違うので、その他のメリットは独自のメリットになりますが、共通しているのはこの2つです。

メリットが多いのですが、デメリットもあるようです。
ウォーターサーバーのデメリットとは一体なんでしょう?
こちらに詳しく解説されていますので、これから設置しようかなと考えている方はメリット・デメリットどちらもしっかりと理解してからの設置をおすすめします。


Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.