手軽な水

水が入れてあるボトルの種類は?

ウォーターサーバーの水ボトルには回収型エコタイプと使い切り型ゴミ捨てタイプがあります。
回収型エコタイプはリターナブルボトルまたはガロンボトルといい、回収可能なタイプのためにエコが言われていますが、意外と少ないのはその材質に問題があるのではないかと言われているのです。

衝撃に強くて壊れにくい「ポリカボネート樹脂」でできているボトルを使っているのですが、そのポリカボネート樹脂に問題があると言われているのです。
ポリカボネート樹脂を使用した食品用品に「ビスフェノールA」という物質が溶け出している疑いがあると言われているのです。

ちなみに厚生労働省は健康な成人に対しては溶けていても問題はないとしているようですが、妊婦や胎児や乳幼児までは影響はないとは記載がありませんので、なるべくならばこちらのタイプは選ばない方がいいでしょう。
さらに中のミネラルウォーターが無くなると新しいミネラルウォーターを入れて使用するという再利用方式なために、中のミネラルウォーターが減っていくと同時に空気も必ずボトル内に入ってしまいますので、ガロンボトルタイプはミネラルウォーター内に雑菌が混入してしまう可能性があるのです。
またリサイクル回収されるまでの管理や新たな水と引き換えることが手間になるといってもいいでしょう。

ワンウェイボトルは使用後小さくたためるか、潰せるだけではなく使用されるごとに圧力で潰れていくために、ボトルに空気が入りにくく、雑菌の混入も少ないためより安心という構造になっています。
見かけでいうのならばシワシワになっていくと考えてしまうかもしれませんが、とても衛生的です。

ワンウェイボトルの多くはPET素材でできているのです。
しかも簡単に潰れてくれるために小さなゴミになってくれます。

自治体の回収方法に従って処理すれば、リサイクルとして活躍できるかもしれません。
その辺りは自治体によって違いますのでよく確かめて処理いたしましょう。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.