手軽な水

ウォーターサーバーの使い終わりのボトルはどうしていますか

ウォーターサーバーの水ボトルには回収型エコタイプのリターナブルボトルまたはガロンボトルと、使い切り型ゴミ捨てタイプのワンウェイボトルがあり、それぞれに回収の方法が違います。
リターナブルボトルまたはガロンボトルは回収タイプですので業者に回収してもらわなくてはならないので、空ボトルの保管や回収日のタイミングなどが大変と言われています。
しかしとてもエコであり、どうしても日程が合わないという場合には話し合いなどで決めた場所に置いておいて回収してもらうということをしたりすることもあるようです。
基本的に12ボトルの空ボトルは大きいといってもいいですので、増えれば増えるほどに大変ですが、回収されるまで保管しておきましょう。

ワンウェイボトルは1回限りの使い捨てのために、水がなくなればそのまま捨てることができます。
しかも水がなくなればへこむほどの柔らかなボトルを使っているために、水がなくなる頃にはかなり潰れた状態になります。
そのまま折りたたんでいけば掌サイズの大きさにまで小さくなってしまいますので、ゴミとしてかさばることもなく、ゴミの袋の隅に混ぜて簡単に処分できます。
ペットボトルよりも小さくなります。

ただペットボトルはリサイクルできる資源ゴミですので、きちんとリサイクルとして出すようにしましょう。
ウォーターサーバーのボトルは自治体によって扱いが違います。
よって自分が住んでいる地域では資源ゴミとしてだせるのか、燃えるゴミ、あるいは燃えないゴミになるのかをよく確認して、きちんと相応しい方法で処分してください。

どちらの処理もメリットやデメリットはあります。
リターナブルボトルまたはガロンボトルは回収タイプはリサイクルでエコですが、回収されるまでの置き場所が邪魔になります。
ワンウェイボトルはすぐに捨てることができますが、資源ゴミに該当しない自治体ではゴミが増えることになります。
自分の選んだ水がどちらのボトルに入っていて、自分の生活スタイルに合っているのかを考えて決めましょう。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.