手軽な水

防災用にウォーターサーバーの設置をしたいけど、電気が止まっても動くの?

防災用のウォーターサーバーというのはありますが、LEDライトが付きます。
ですがそれだけです。
ウォーターサーバー本体は電気がなければ動きません。

最近の防災グッズには電気を生み出す機械がよくありますので、それを使えばなんとかならないこともないのですが家中の電化商品の中でウォーターサーバーは何番目の価値があることになるのでしょうか。
家にいる場合の非常事態を考えてそういうものを用意しておくのもいいでしょう。

またウォーターサーバーにとっての真の備え品といえるものは水ボトルタンクです。
使っているもの、使っていない者をまとめておいておくことで、いざという時に持ち出すことも可能ですし、1ボトル12リットルが数本あれば、水道が復活するまで水が飲めないと言うことはありませんし、カセットコンロがあれば寒い時でも湯を沸かして飲んだり、簡単な調理もできます。
水が少ししかないと心細いですが1ボトル12リットルはとても役立ちます。

非常時の水の備えはウォーターサーバーの水でしておけばどんどん使いますので賞味期限が切れるということもありませんので、安心して飲むことができます。
また家の中の避難ですんでいて、生活するためのライフラインが寸断されている時には、太陽ソーラー電気パネル式の充電器とウォーターサーバー、カセットコンロがあれば食事には困りません。
優先するのは冷蔵庫とウォーターサーバー、後は季節によって冷房か暖房の器具があればいいのですが、そこまでの電気量は難しいといえるので、ウォーターサーバーの本体は外して水だけでも利用できたら十分と言わざるをえないでしょう。
家からの避難を促された時はすべてのウォーターサーバーの水ボトルをキャリーバッグなどに詰めて、家で使っていた道具や寝具、貴重品を持っていきましょう。

ウォーターサーバー本体に避難の道具などをしまっておけるものがレンタルされています。
いざという時にしまっておける防災グッズは別途で販売されているのです。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.