手軽な水

ウォーターサーバーの温水はコーヒーの味を引き上げる?

ウォーターサーバーのミネラルウォーターの水にはカルキ臭などが一切ないために、味がまろやかになり、本来の味が引き出されると言われています。
コーヒーの味がそのままストレートに感じられるとだそうです。
またウォーターサーバーの温水の温度である85℃はコーヒーが美味しく感じられる温度であり、いつも飲んでいるインスタントコーヒーとは思えないと言う人もいます。
オーバーだと感じる人もいるようですが、水の味というのが飲み物の味を決めると言うことは珍しいことではなく、特にインスタントコーヒーなどといった簡単に作れるものには余分な水の味が加算されない方がいいでしょう。

たまにですがコーヒーは硬水で飲む方が美味しいという人がいるのですが、それはコーヒーと硬水のミネラル成分がぶつかって苦味が濃くなるのです。
コーヒーは苦いものが美味しいと感じる人は硬水のコーヒーを支持しています。
ちなみにレンタルのウォーターサーバーでは硬水は扱われていませんので、ミネラルウォーターでお飲みください。
水道水は問題外です。

日本は軟水の国です。
当然ウォーターサーバーのミネラルウォーターは日本で採取したり、手を加えられた水ですので軟水の宝庫といってもいいでしょう。
軟水の調度いい温度でいれたコーヒーは万人受けをしますので、お客様にも出しやすいです。
ただお客様にだす場合はドリップコーヒーを使った方がよりじっくりと美味しいコーヒーがだせるでしょう。

ちなみにアイスコーヒーも簡単に作れます。
冷水で溶かしてもいいですし、温水で作ったものを冷やしても美味しく飲むことができるとされていて、簡単に美味しいコーヒーが気軽に飲めるようになったと評判です。
朝、洋食に人が多くなり、以前はご飯とお味噌汁だった朝食がトーストとコーヒーになっていった時代において、朝から美味しいコーヒーを飲んで目が覚めるというのは、1日の始まりとしても相応しいといってもいいでしょう。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.