手軽な水

ウォーターサーバーの温水で紅茶の味は変わる?

温水で紅茶を入れると95℃でジャンピングという葉が開いて踊る現象が起き、それ以上でもそれ以下の温度でも、比重の関係で起きなくなって抽出に時間がかかります。
つまり紅茶の温度は一定でいれることによって美味しく入れることが出来るといえるのです。
ところがやかんなどでお湯を沸かしたり、ポットのお湯ですと意外と一定していないことが多く、紅茶をいれても味が一定していない様に感じるようです。

特に紅茶は茶葉であり、水の味がとても大切になります。
優しい味の軟水のミネラルウォーターはミネラル成分がそのまま茶葉の味を包み、渋みを出さずによい味にあります。
勿論放置していてはすぐに渋みがでてしまいますので、温めたカップに丁寧に注ぎましょう。

http://www.pifbex.com/nando.htmlにも書いてあるように、ウォーターサーバーの温水の温度設定は残念ながら90℃以上にはならないようですので、ジャンピングが見られないかもしれませんが、じっくりと葉が開く様子を伺い、同じような状態で注ぐことによって、どんな状態の葉の時が好みの味かということを飲み比べるのもいいでしょう。
好みがありますので一概にこういう葉の状態が美味しいとは言いきれないのですが、自分の好みの味を見つけるのにいいでしょう。
それができるのもウォーターサーバーの温度が一定な状態であることと、同じミネラル成分のミネラルウォーターを使っているからといってもいいでしょう。
水は人間にとってとても大切です。水で健康生活しましょう。

実はウォーターサーバーを使って一番変化が分かるのは日本茶だと言われていましたが、それは日本人の感覚からというのが多いのです。
紅茶も茶葉が違うだけで飲み方が同じですので、違う飲み物ですし、本来の美味しい紅茶は砂糖もミルクもレモンも入れません。
本場では気分によっていれますが砂糖だけは絶対に入れないとされているのです。
日本のお茶と変わりません。
そういう意味で紅茶も水の影響を受けやすくウォーターサーバーで味が変わるといってもいいのです。

ティーパックの紅茶も茶葉に様子は見えませんが出る色によって味が変わります。
日本のミネラルウォーターの種類についても興味深いです。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.