手軽な水

ウォーターサーバー利用する上で悪い所はあるの?

ウォーターサーバーにおいて一番の問題になるのは置き場所です。
実際は新聞紙くらいの大きさですと言われていても狭いキッチンならば十分スペースに困ります。
たまにキッチンにおけないのでリビングに置いて家族の反感を買ったなどというという話も聞くほどです。
配線などの関係もあり、置き場所の問題を決めてから選ぶようにした方がいいでしょう。

さらにインテリアと合わないと言う意見もよく聞かれます。
このメーカーのこの名水を希望していたのだけれど、しっくりとくるウォーターサーバーのデザインがなかったので、他のメーカーを選んだとか、逆にミネラルウォーターで選んだためにウォーターサーバーのデザインに妥協しているといったようにデザインで選ぶか、ミネラルウォーターの種類で選ぶのかで悩む人も多く見られます。

そしてメンテナンスと維持費がかかるのはデメリットといえるでしょう。
ウォーターサーバーは最低でも1年に1度は専門のメンテナンスを受けなければ、中がどうなっているのかが分からない状態の水を飲むことになってしまいます。
そのメンテナンスは各メーカーの契約によって異なりますので有料の場合や無料の場合などがあります。
はじめに契約する時によく確認しましょう。

またいつでも冷たいミネラルウォーターや温かなお湯で飲み物が作れるということは、ウォーターサーバーには電源が入っているということです。
つまり電気が通っているのです。
電気代がかかります。
そこは別料金ですのでデメリットといえばデメリットになってしまいます。
ただしポットのお湯保存や冷蔵庫でミネラルウォーターを冷やすということはなくなるといってもいいでしょう。

またウォーターサーバーの上部にミネラルウォーターのボトルをセットします。
大体1ボトル12リットルということが多く、その大きさのボトルを持ち上げてセットすることは、女性やお年寄りにとってはかなりの重労働になります。
細かな積み重ねですが自分にとってどうなのかを考えましょう。

Copyright(C) 2013 いつでも美味しい水を All Rights Reserved.